海洋葬についての決まりごと

火葬にされた後、埋葬せずに海や山など、さらにはニュースなどで話題となった宇宙葬など、自然の中へ還す散骨葬が注目されています。
海洋葬は、最後は自然の中へ還る理想の姿です。

あなたにオススメの産経デジタルの知りたかった情報がきっと見つかります。

山や陸地に散骨するのは、所有者の問題や許可が下りる場所に限られますが、海は厳密な決まりはありません。漁場であるところを避けたり、陸地からある程度離れた場所であるなどのマナーは守らなければいけません。


海洋葬を行なう場合は、専門業者に依頼する方が便利です。

その方法は大きく分けると、自分たちだけで船をチャーターする、他の家族の方と合同で行なう、委託してやってもらう、の3つの種類に分かれます。



価格は、個人でやる方法から委託するものへと、段階的に安くなります。



遺骨は全て流してしまうのか、分けて残すのかを決めてから申し込みを行ないます。


契約にあたっては、散骨会社から身元確認書類の提出を必要とされることが多いので、前もって用意しましょう。
遺骨はパウダー状にする必要がありますので、散骨会社が引き取りに来るか、郵送します。
個別や合同散骨の場合は、指定された日時に場所に向かいます。


その際の海洋葬でかける音楽やお酒、花などは事前に確認をとっておくようにします。


服装は平服で、歩きやすく船の上でも滑りにくいものを選びます。


委託する場合は、散骨会社が行なったあと連絡をしてくれます。
それぞれ、散骨場所の海図や写真、証明書などを後日郵送してくれて終了します。