海洋葬へと葬送が変化する背景

海洋葬とは、亡くなった人の遺骨をお墓に納めずに、海に散骨する方法です。


山中や野山などに散骨する場合と違い、海洋散骨の場合は厳密な指定はありませんが、陸地から一定の距離を保などいくつかのルールを守ることが大切です。



海洋葬などの散骨を選択する人は、近年増加しています。

その背景二は、高齢化や少子化、核家族化によって、お墓の持つ概念が変わってきているところにあると考えられます。

従来のようにお墓を維持することを選ばない人も増え、新しい価値観が生まれ散骨が注目されています。


日本人にとって散骨というと、比較的新しい感覚かもしれませんが、海外では一般的な方法で、墓地に納めるのが当たり前という固定概念が薄れ、それぞれの価値観が尊重される時代となっています。近年、海洋葬に関してメディアで取り上げられることが多くなり、自然葬に対する抵抗も少しずつ薄れてきています。

最高のYahoo!ニュースに関するご質問を解決いたします。

日本では、高齢化に伴って亡くなる人の数も増加してきています。

日本の国土問題や経済的な問題によって、お墓を持つことが難しく、特に東京などの主要都市にある公共の墓地は、多くの申し込み者で順番待ちの状態になっています。

また少子化の影響もあり、お墓に対する不安を抱えている人も多く、遺骨を自然に帰し、故人を自然環境で送り出すという自然葬や散骨に抵抗感を持つ人も少なくなってきているのも現状です。



今後自然葬や散骨は、当たり前の時代になっていくのではないでしょうか。