自然葬のひとつ、海洋葬について

現代の日本では人が亡くなった場合、火葬後にお寺や納骨堂へ納めるのが一般的で、当たり前とさえ思われていますが、それは長い間、日本の慣習として続いてきたゆえのこと。しかし、近ごろでは、野山や川、海、空に加え、宇宙など自然へ還す自然葬、散骨が増えてきているようです。



中でも海に散骨する海洋葬は亡くなられた方の趣味や遺志に沿いたいという家族の意向もあってか、ますます増加。


海洋葬の方法もいくつかあり、身内だけで船を貸し切って行うもの、他の家族と一緒に船に乗り合わせて行うもの、代行業者へ委託をするものなどです。

予算やスケジュールの調整などそれぞれのスタイルに合わせて選べるので、遺族も無理なく故人の遺志を尊重してあげられるのではないでしょうか。
ただし、散骨をする場合、遺骨を粉骨化するなど事前準備がいろいろとあるため、散骨の専門業者へ依頼するのが一番。海洋汚染や不法投棄につながらないような形での献花や献酒の準備も必要です。

日本経済新聞に関する情報を公開しているサイトです。

故人が喜ぶ供養とは?と考えたとき、一番心休まる場所へ還してあげられるものなら、それに越したことはありません。


故人が単に海が好きだったという人はもちろんですが、亡くなったのちの供養のことで周囲に迷惑をかけたくないとか、お墓の維持等に係る金銭的な負担をかけたくないなど、いろんな方の希望を叶えられます。

宗教にとらわれない人が増えていく中で、亡くなられた方の遺志や価値観を大切にする自然葬、海洋葬は今後ますます増えていくことでしょう。