関心が高まりつつある海洋葬について

main-img

近年では様々な葬儀のかたちがあり、故人や家族の意思によって自由に選択できるようになってきました。


それに伴って「自然葬」への関心も高まっていると言われています。



そして、「自然葬」の中でも特に関心が高いのが「海洋葬」です。

海洋葬とは、遺骨を海へ散骨する葬儀のことを指します。

遺骨を自然に還す、生命の源とされる海へ還すといった葬儀のあり方は、ここ数年で認知度は上がってきました。

しかし、それでもまだ現在の日本においては、先祖代々の墓地に埋葬されるといった従来型の葬送が一般的です。



それでは、どのような人が海洋葬を選択しているのでしょうか。

海洋葬を選択する理由としては、「お墓に入りたくない」といったものや「子どもがいないので、お墓を守る人がいない」、「海が好きだった」などといったものが多くの意見として言われています。
また、生前から本人が様々な理由から海洋葬を希望しており、生前申し込みをしている場合も少なくありません。

BIGLOBEニュース情報は見逃せません。

実際の手続きとして、自然葬、とりわけ海に散骨をする場合に関しては、専門の企業に相談するのがベストと言えます。

散骨に関しては、法律で明確な規定がされていませんが、マナーを守って行うことが大切です。
そして、陸地から離れた海上で行うことが適切であるとされているので、やはり散骨に適した船を用意する必要があります。

これらを個人的に行うことは困難であり、マナーを守ってセレモニーを行うためにも、専門の企業への相談や打ち合わせは重要です。

葬式のコツ

subpage1

火葬にされた後、埋葬せずに海や山など、さらにはニュースなどで話題となった宇宙葬など、自然の中へ還す散骨葬が注目されています。海洋葬は、最後は自然の中へ還る理想の姿です。...

more

葬式について情報

subpage2

日本で最も一般的な埋葬方法は、遺骨を骨壺に入れてお墓に埋葬する方法ですが、最近は従来の方法ではない様々な埋葬方法が増加しています。その中のひとつが海洋葬です。...

more

おすすめ情報

subpage3

現代の日本では人が亡くなった場合、火葬後にお寺や納骨堂へ納めるのが一般的で、当たり前とさえ思われていますが、それは長い間、日本の慣習として続いてきたゆえのこと。しかし、近ごろでは、野山や川、海、空に加え、宇宙など自然へ還す自然葬、散骨が増えてきているようです。...

more

身に付けたい知識

subpage4

海洋葬とは、亡くなった人の遺骨をお墓に納めずに、海に散骨する方法です。山中や野山などに散骨する場合と違い、海洋散骨の場合は厳密な指定はありませんが、陸地から一定の距離を保などいくつかのルールを守ることが大切です。...

more